平成30年8月〜9月 オーストラリア語学研修

夏休み期間中の2018年8月24日から9月23日の1か月間、オーストラリアでの語学研修に参加した。 初めての海外生活だったので、最初は不安でいっぱいだったが、やさしいホストファミリー、フレンドリーなクラスメイトに恵まれ、その不安はすぐに取り払われた。 学校での授業は、文法やスピーキング、リスニングはもちろんのこと、英語でのノートの取り方や記事を効率よく読む練習など、英語で大学の授業を受けることを想定した実践的な授業内容が多かった。 私はこの語学研修に参加する前は自分の英語技能の向上を目的としていたが、今回海外研修を通じて、異国の文化、慣習に触れることで自分の価値観が大きく広がり、海外への興味がより一層高まった。 普通の旅行では体験できないことを今回体験することができた。この研修プログラムに参加できて本当に良かったと思う。

4年C科 Sさん

平成30年9月26日 研修旅行(2年K科)

2年K科は、9月26日につくば市にある筑波実験植物園へ行きました。 この植物園は、上野にある国立科学博物館に関連した施設で、絶滅危惧種を中心とした植物の研究が行われている施設とのことでした。 植物園に到着後、先ず、遊川先生によるマヤランについての講義がありました。 マヤランは他の植物とは異なり、細菌と共生していることなど、普段あまり聞くことのできない珍しい話を聞かせて頂きました。 その後、園内を回ったのですが、普段日本では見れないような色々な植物を見ることができ、とても良い経験になりました。

2年K科 K君

平成30年度 関東信越地区高専後援会交流会

9月29日(土)、30日(日)と、関東信越地区高専後援会交流会が群馬で開催されました。 1日目は、群馬高専を会場とし、滝上後援会長、山校長の挨拶の後、櫻井総務課長を中心に、参加校の小山高専、長岡高専、茨城高専、長野高専の皆さんと群馬高専校内を見学しました。 その後、意見交換会を行い、それぞれの高専後援会の事業計画や運営方法等の相互理解を深め、今後の後援会活動に参考になる議論を取り交わすことが出来ました。 夜は安中の磯部温泉に宿泊し、親睦を深めました。 2日目は、朝会議で前日の意見交換の共通理解を深めた後、日本の近代化だけでなく、絹産業の技術革新・交流などにも大きく貢献した工場である世界遺産の富岡製糸場を見学し、有意義な2日間にすることができました。

平成30年9月27日 研修旅行(3年M科)

平成30年9月27日(水)、私たち3年M科は研修旅行で、東京・お台場に行きました。
当日は出発までの3時間ほどが自由行動となり、お台場にある『日本科学未来館』を見学するか、別の場所まで足をのばし見学をすることもできるような計画になりました。
自分たちのグループは、千代田区にある『神田明神』を見学に行きました。
神社周辺はビルや高層マンションが多く建ち並ぶ中、神社があることが不思議に感じられました。
バスの到着時間が遅れてしまった為、残りの自由時間が昼食で潰れてしまいましたが有意義な時間を過ごすことができました。

3年M科学生

平成30年8月27日〜31日 インターンシップに参加しました

今回、私は株式会社ヤマトという建築に携わる企業にインターンシップとして行きました。普段学校で習っているものは、ただ習っているというだけで、実際にどのように役立っているのかを知りません。しかし、今回様々な技術が使われている場面を見て、今、勉学や実験などで培われているものの大切さを実感できました。

4年M科 H君

| 1/57PAGES | >>
開設挨拶

後援会会則

役員

事業計画

リンク

群馬高専ホームページ

後援会事務局  [ 管理 ]
〒371-8530
群馬県前橋市鳥羽町580
TEL:027-254-9008