平成30年4月4日 入学式が行われました

晴れ渡る青空と満開の桜の中、入学式を迎えることが出来た事を大変嬉しく思います。
式場では、ステージ上の色鮮やかな5学科の旗に、入学生たちは、これから始まる高専生活に不安を感じながらも期待で胸がワクワクしていたと思います。
先生からの、高専生は生徒ではなく学生と呼びます!学生は学問をする人の事です というお話が印象に残りました。
これからの5年間でたくさんの事を学び、楽しみ、喜び、厳しさを経験して成長していってほしいと思います。

1年生保護者 Sさん

平成29年4月5日 入学式が行われました

長く厳しい受験勉強を乗り越えて、憧れの群馬高専の入学式に参加させていただけた事を、親子共々大変嬉しく思っております。
入学式の会場に入り、壇上に並べられた5学科の色あざやかな旗に群馬高専の伝統の重みを感じ、改めて身の引き締まる思いでした。
その後、吹奏楽の演奏と共に会場に入場した新入生、留学生は、少し緊張した面持ちでしたが、緊張しながらもこれから始まる新しい学校生活に期待を抱いている様に感じました。
これから、群馬高専でお世話になり、素晴らしい仲間達と共に沢山の技術を学び知識を得て、その先の未来への選択肢を大きく広げていって欲しいと思います。

1年生保護者Sさん

桜が満開の中、入学式に参加させて頂きました。
受験生としての一年間はとても長く、不安で一杯でしたが、この日を無事に迎えることができ、大変嬉しく思います。
息子には人生の礎となるこの時期の沢山の人との出会いを大切にしてもらいたいと思います。そして、将来の自分を思い描き、目標に向かって日々努力することを忘れず、大きく成長してくれることを願っています。

1年生保護者Iさん

平成28年4月4日 入学式

念願の群馬高専の入学式に参加させて頂き大変感動しました。入学式の当日は小雨交じりの天気でしたが、親子の気持ちは晴れ晴れとしており、式の終りには雨も止み満開の桜の樹の下で写真を撮る事が出来ました。思えば長くて不安だった受験も無事に終わり、盛大な入学式を迎える事が出来ました。吹奏楽部の素晴らしい演奏と共に新 入学生が入場して来る姿は大変頼もしく、そして感動しました。息子にとって高専生になる事が小学生の頃からの夢でしたので、ようやくスタートラインに立つ事が出来た喜びを忘れる事なく、日々学業に専念してもらいたいと思います。

1年生保護者Sさん

平成27年度 入学式が行われました。(平成27年4月6日)

本科新入生保護者 I 様

真っ青な青空と満開の桜が美しい中で入学式を迎えることができました。
合格発表の日に不安の中歩いた校舎までの道のりも、入学式当日は全く違った風景に見えました。
本人の意思で群馬高専の受験を決め様々な思いを経てようやくスタートラインにつくことができましたが、今までの努力が無駄にならぬよう、後援会会長様の祝辞にもあったように「聞く」ことの大切さを理解し、今後も勉学に励み、限られた学生生活を有意義に過ごしてもらいたいです。

H26年度入学式が行われました  平成26年4月4日

1J保護者Sさん
  「感動の入学式」
 桜が満開の中、第53回群馬高専入学式を迎えることができました。今年度入学者の大半は、 大雪に見舞われた混乱の中、入学者選抜をくぐり抜けての入学でした。我が子が吹奏楽部の演奏で入学してきた時は、その時の事を思いだし、大変感慨深いものでした。 また校歌斉唱の際には、こちらの卒業生と思われる保護者の歌声が聞こえてきて、群馬高専の歴史を感じ身の引き締まる思いでした。息子にとっては、夢の実現のために選んだ道です。責任と自覚を持って5年間を過ごし更なる学問への土台となる力をつけていって欲しいと願います。

〜新たに会員となられた保護者の皆さんへのお知らせ〜

群馬高専後援会は学生の学業の達成・課外活動その他に関しての後援を目的とした組織です。
群馬高専はいわゆる進学校ではありませんが、近年、大学への編入や大学院などへの進学率が大変高くなっています。 また、子どもたちは「生徒」ではなく、「学生」として遇され、自覚を持った行動が期待されています。(一般の高校に比べて「自由度」が高い分、自らの行動への責任の自覚が必要です。)
勉強も、進学校や塾のように「させられる」ものではなく、自ら取り組むべきものですし、何より本人の地道な努力が最終的な結果に結びつきます。
試験結果の順位などでこれまでに経験していないようなこともあるかも知れませんが、もともと能力のある子どもたちですので、一時の成績に一喜一憂することなく取り組むことが大事です。

保護者の皆さんには学校の情報は自ら積極的に収集すべきものと考えていただき、学校や後援会のHPなども有効に活用しましょう。(学校からの情報が少ないと感じる方もいるかもしれませんが、一部の私立高校よりもむしろ情報が多いという声もあります。)
そして、「生」の貴重な情報が得られる絶好の機会が、学年別の「保護者懇談会」と例年秋に開催される「地区別懇談会」です
特に「地区別懇談会」では、学校の先生方による説明のほか、様々な疑問や心配事に対して、先輩保護者が自身の体験や情報を基に優しく、時には厳しく、そして惜しげもなく教えてくれます。
「地区別懇談会」に参加して情報を得て、「悩み」や「不安」を軽減、解消し子どもを見守り、サポートする心構えを養っていただき、そしてその経験を後輩の保護者に伝えてあげましょう。
また、地区によっては、保護者の交流会を実施するところもありますので、そのような機会にはぜひ積極的にご参加ください。

群馬工業高等専門学校HP     http://www.gunma-ct.ac.jp/
群馬工業高等専門学校後援会HP  http://www.gunma-kousen.com/

詳しく知りたい方は、学年別保護者懇談会、地区別懇談会あるいは交流会などの場において質問するなどしてご確認ください。また、学校や後援会の年間の行事については例年7月に開催される後援会総会時の資料をご覧ください。

新1年生から入学後の感想が届きました。!

その  。任気
 群馬高専に入学して二週間余りが経ちましたが、特に困った事は無く、楽しく登校しています。
強いて言うなら、自転車で登校するのに少し遠いかな?と思うことや、90分授業に慣れるのに、もう少し時間がかかるかな?といった感じです。
でも、自分で強く希望した進路なので、その気持ちが、いろいろな不安を打ち消しているような気がします。
 また学食は、普通高校にはほとんど無いので、それを利用できるのは、ちょっとした楽しみではありました。
今はお弁当が冷たくならない時期ですが、冬になってお昼に温かい食事が取れるのは、きっとありがたいことでしょう。
 それから、部活も楽しみでした。中学の友達とは学生会に入ろうと、約束をしていましたが、部活との両立が難しいそうなので、どちらかに絞らなくてはいけないかな?と考えています。
 いずれにしても、これから課題や試験などは、困難に突き当たるかもしれませんが、常に前向きにかわしていきたいと思います。

その◆ 。砲気
 入学から二週間余りがたち、慣れない電車通学に、勉強にと毎日が時間に追われるまま過ぎてゆく感じがしています。
 高専に入学してすべてが初めてで、とまどう事も多いですが先生方の高度なお話や、友人達のレベルの高さに驚きながらも、自分が希望した学科で学べる喜びと不安の中、同級生と切磋琢磨しながら高い能力と技術を身に付け、将来の夢の実現の為に、日々努力していきたいです。
 これからの5年間は苦しく、険しいかも知れませんが、有意義な5年間にしていきたいです。

平成25年度の入学式が行われました。

専攻科入学式(第19回専攻科入学式) 日時 平成25年4月4日(木) 会場 S103教室
本科入学式(第52回入学式) 日時 平成25年4月4日(木) 会場 第一体育館

H25年度入学者選抜試験の合格者発表がありました。


2月27日の合格者発表の様子を見てきました。 合格者発表などと言うものは、自身の高校受験のとき以来何十年ぶりで理由もなくドキドキしていたのですが、発表会場に行ってみると、受験生も付き添いの保護者の方もとっても冷静で少し拍子抜けと言った感じでした。 大震災2周年を直前に世の中が再び笑顔自粛ムードになっていたせいかも知れませんが、受験生達が自信の番号を淡々と確認し、入学書類の受け取り窓口に整然と並ぶ光景は、ちょっと驚きでした。何はともあれ、合格者の皆さんには、心からお喜び申し上げます。そして群馬高専にようこそ!!  (後援会広報・神津)

平成24年度入学式 が行われました。

平成24年度入学式(第51回入学式)
日時 平成23年4月5日(木)
会場 第一体育館
平成24年度専攻科入学式(第18回専攻科入学式)
日時 平成23年4月5日(木)
会場 S103教室

『専攻科へ』 AP1年 Tさん

専攻科の入学式・・・5年前と同じ体育館で!!と思いきや・・・なななんと「S−103」という専攻科の教室!!
5年前に200人以上で入学し、専攻科へ進学するのは50人。本科生時代の入学式が嘘のように少ない人数で行われました。
と言っても、場所が103教室だったので、混雑具合はほどほど、50人ほどの父兄が後ろに窓際に先生方がいる中入場しました。
校長先生のあいさつ、後援会の会長代行のあいさつ、生徒宣誓と続きました。
高専生活6年目になりますが、気持ちを一新し新たな生活に向かって進んでいきたいと思います。
【H24.04.09記】
| 1/2PAGES | >>
開設挨拶

後援会会則

役員

事業計画

リンク

群馬高専ホームページ

後援会事務局  [ 管理 ]
〒371-8530
群馬県前橋市鳥羽町580
TEL:027-254-9008