平成30年3月20日(火) 修了式・卒業式が執り行われました

合格から卒業まで
寒さが僅かに残る春の日、卒業式が執り行われました。
思い起こせば中学3年の進路を決める頃、子供と何回も話し合い目標を群馬高専と決め、念願かなって入学することが出来ました。入学してからの5年間はあっという間で、勉強や沢山の行事で子供も、親の私も充実した日々を過ごすことが出来ました。普通高校では経験できないであろうことや、県内だけではなく県外の友達が出来たこと。これは一重に先生・学校関係者、後援会理事の皆様のおかげと思っています。
学校最後の思い出が、後援会主催の祝賀会になったことがとても良かったと思いました。先生方に在学中のお礼が出来たこと、また楽しい学科ごとの5年間の思い出が見られたのがとても印象に残りました。
 5年間本当に学校の皆様にはお世話になりました。後援会理事の皆様もありがとうございました。

E科卒業生保護者 H

3月20日に卒業式が行われました。
思い起こすと5年前、
「この学校に入学できたらいいね。」
息子と群馬高専の正門の前で話したところからスタートしました。
何とか憧れだった群馬高専には入学できたものの学生生活すべて順風満帆だったわけではありませんでした。
やはり勉強に関しては想像以上に苦戦しました。
毎回成績通知書の赤点を見るたびに不安になり自然とため息が出てしまいました。
しかし毎年ぎりぎりのところで進級でき、そして無事卒業する事が出来ました。
群馬高専で過ごした学生生活は苦しい事が多かったと思いますが心身ともに大きく成長できたすばらしい5年間だったと思います。
自信に満ちた息子の成長した姿を見ると感慨深いものがあります。
最後に大変よく面倒を見ていただいた先生、そして勉強など支えてくれた友達にとても感謝いたします。
ありがとうございました。

M科卒業生保護者 M

平成29年3月17日 卒業式が行われました

息子にとってこの五年間は、とても忙しかったけれど充実した日々の様でした。
三年間、赤城の強風に吹き飛ばされそうになりながら、急な坂道を自転車で通い部活動に入らなくても逞しく成長してくれました。
家では毎日ギターの練習、筋トレ、読書、料理など趣味も継続してやっていました。
友達も 沢山出来て、ライブやカラオケ、ラーメン店や温泉巡り、スノーボード、関西まで卒業旅行にも行って、よく遊び楽しい思い出もいっぱい出来ましたね。
勉強にアルバイト、趣味、友達付き合い、家事手伝い等々、時間を無駄にせずよく動き回る姿には頭が下がります。でも、ホームステイに来てくれた三カ国の学生と交流して志すレベルの高さに驚き、親子共々、強烈な刺激を受けました。
殆どの友人が、県外へ行ってしまい急に寂しくなるけれど、あと二年間、専攻科で焦らず弛まずコツコツと…更に自分を磨き、粘り強く努力を積み上げて行って下さい。
最後になりましたが、今日までご指導頂いた諸先生方、お友達の皆さん、大変お世話になりまして本当にありがとうございました。
息子にとって十代のかけがえのない財産が出来ました。心から感謝申し上げます。

卒業生保護者 F

卒業までの道のり

3月17日 晴々した青空のなか、第51回卒業式が行われました。希望と不安を胸に入学した5年前、思い描いていた学校生活との違いにわずか1ヶ月で「辞めたい」と言い出した息子。いったいこの先どうなるのかとハラハラしましたが、先生方をはじめ、お友達の皆さんの支えがあり、赤点と戦いながらも1年1年進級し、本日無事卒業することができました。良く頑張ったと褒めてあげたい気持ちで一杯です。高専での学校生活は苦しい事が多々あったと思いますが、それを乗り越えてきた事は、今後の人生の力になると思います。先生方のご指導には大変感謝しております。又、クラスの皆さんありがとうございました。皆さんの今後の活躍をお祈りしています。ご卒業おめでとうございます。

E科卒業生保護者

卒業式を迎えて

3月17日の卒業式に参加しました。
 入学の時はまだ未成年で、卒業なんて遠い未来のように感じていたのに、ついにこの日を迎えるのだと思うと感慨深いものがありました。
 家では、相変わらず頼りないのに、式ではきちんと立ち振る舞えて、また祝賀会で友達や先生方と語っている姿を見ると、それなりに成長できたんだなと感じました。

レポートで苦しんだり定期試験では赤点の山で、親は心配させられましたが、子供はいろいろな経験ができ、卒業後の進路についても見据えることができた様なので、今は感謝するばかりです。
5年間ありがとうございました。

K科卒業生保護者

2016年3月18日 卒業修了祝賀会が執り行われました。

後援会主催の卒業修了祝賀会が行われました。
担任の先生への花束贈呈や思い出写真館上映が行われ、楽しい時間を過ごせていただけたことと思います。

 

3月18日(金)、5年生の娘の卒業式に参列しました。
正装した男子学生さんたちの姿は凛々しく、また袴や和服姿の女子学生の姿はとても華やかでした。
5年前、中学生の制服姿で臨んだ入学式を思い起こし、成長した姿に感慨深いものがありました。
引き続き行われた祝賀会では、軽食もおいしく頂戴でき、保護者同志での交流も楽しめました。
何よりも各学科の学生さんたちが制作した「思い出写真館」はそれぞれの学科の特色が出ていて思わず見入ってしまうほどの力作がそろい感心しました。
とても長い一日に なりましたが、親子そろってとても有意義に過ごせた一日となりました。

卒業生保護者 T

5年間、あっという間でした。
振り返ってみれば私の高専ライフは、
1、息子の剣道部での活動を応援すること
2、後援会で理事として三年間活動させて頂いたこと
そして、我が家に遊びに来てくれる同級生たちとのちょっとしたふれあいが楽しみでした。
剣道部顧問の飯野先生に熱心にご指導頂き、仲間に恵まれ、団体としては48年ぶりに全国大会出場を果たしました。中学、高専で頑張った剣道は彼にとって一生の糧となるでしょう。
私はというと、後援会の理事になったおかげで、ちょっぴり学生気分を味わいながら何度も高専キャンパスに足を運び、知人、友人が増え、理事にならなかったら絶対に接することがなかったであろう先生方、諸先輩方ともお話することができました。
役員の皆さまに助けて頂きながら活動してきました。ありがとうございました。
そして息子と仲良くしてくれたお友達の皆さん、本当にありがとう!
みんな立派に成長しましたね!皆さまのご活躍を期待しています。また会いましょう!
最後になりましたが、学生たちにたくさんのご指導を頂きました諸先生方、大変お世話になりました。
学生たちは社会に貢献できる立派な大人(すでに達成されているかたも…)になるので見守っていてください。
息子は就職のため県外に行き、これで学生生活は終わりです。
息子と一緒に歩んできたつもりの5年間は楽しかったです。
ありがとう。
 

卒業生保護者 M

2016年3月18日 卒業式 修了式が執り行われました。

卒業式 修了式が厳粛に執り行われました。
ご卒業・ご修了 誠におめでとうございます。

保護者の方に思いを頂きました。

「俺、頑張ったなあ」卒業式を前に息子が言った一言です。色々な事が頭をよぎります。入学当初から定期テストの点数に毎回ハラハラし、提出物の期限に追われていた。卒論では朝早く学校に行って夜遅く疲れて帰ってきたよね。卒業生はきっと少なからずみんな同じような経験をしてこの日を迎えていると思います。だから3月18日の卒業式では、緊張の中でも晴れ晴れとした皆さんの顔が見られました。先生方や友達とのたくさんの出会いもあったことでしょう。これから進路はさまざまですが、それぞれの場所で輝いてください。皆さん卒業おめでとうございます。

卒業生保護者 M

春の佳き日に卒業を迎えた皆さん、ご卒業おめでとうございます。
5年前の春、不安を感じながら希望や期待を抱いて入学した姿はとても初々しさがあったのを覚えています。時が経つのは早いもので、あっという間の5年間でした。
高専という普通高校とは違う環境で、戸惑いもあったと思います。授業時間の長さや、赤点の点数、実験に伴うレポートの提出、試験勉強、卒研など苦労されたのではないでしょうか。しかし、高専ならではの経験もできたはずです。
 勉強や部活動に打ち込んだ充実した日々を送り、自分で問題を解決する力や多くの友を得たのではないでしょうか。新成人となった今、支えて頂いた先生方、友人への感謝を感じつつ、自ら未来へ進んでいくことになります。自覚と責任を持ち、高専で培ったその力を存分に発揮してください。自分だけしか歩めない二度と歩めぬかけがえのない道、希望に満ちた自分の道を力一杯歩んでいってください。これからも皆さんの活躍に期待し、応援しています。  最後になりますが、ご指導頂きました先生方に心より感謝を申し上げます。ありがとうございました。

卒業生保護者 O

平成26年度 専攻科修了式、卒業式が行われました。

3月19日、卒業式が行われました。
入学したのがついこの前のような気がします。担任の先生から「目標は、全員そろって進級することです。」 と言われ、高専ってそんなに落第するの! とビックリしたこと憶えています。 試験のたびに、赤点だったらどうしようとヒヤヒヤした5年間でした。
そんな我が子でしたが、無事、卒業式を迎えることができました。ご指導くださった先生方、一緒に勉強したクラスメートの皆さん、ありがとうございました。
式は拍手で卒業生を迎えて始まりました。 卒業証書授与で、ちょっとしたハプニングがあり、ドッと笑い声がわくなど、厳粛ななかでも和やかな雰囲気行われました。
卒業生答辞は、感謝と決意がこもり、且つ、哲学的でもあり高専らしいな、と思いました。

(卒業生保護者)

 

H25年度卒業式が行われました。  平成26年3月19日

5J保護者Kさん
  その自由さとは 裏腹に重くのしかかる留年の危機。振り返ると、この五年間、テストの度に・春が来る度にヒヤヒヤさせられ通しでした。 我が息子は良き 恩師・良き先輩・良き仲間に恵まれ、なんとか無事この日を迎えられました。
 卒業式には、御両親そろって出席されていたご家庭も多く、学科によっては椅子が足りない程でした。 男子はスーツ・ 女子は袴が多かったです。中でも留学生の女子が自国の民族衣装を着ていたのはとても似合っていて綺麗でした。
卒業式の後は後援会主催の祝賀会が行われました。
各科の『思い出 の写真館』は凝った映像になっていてとても楽しいものでした。子供の成長と旅立ちを想い、涙をこらえていた親御さんもちらほら・・・。
これから、専攻科・大学・就職と各々新しい場所へ巣立っていくわけですが、高専での思い出を胸に自らの目標・夢に向かって、一歩一歩進んで行ってほしいです。

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

卒業生保護者  Mさん

卒業式、それから後援会主催の「卒業祝賀会」に参加させていただきました。
2時間ちょとの立食パーティー形式での懇親会でしたが、息子をはじめ皆楽しそうに思い出話で盛り上がっていました。それから時が経つにつれて別れを惜しんでいたり・・・。
でもひとつ言えるのは、この日を迎えられた学生達、誰もがみんな「いい顔」しています。
  また、学科別の「思い出写真館」は、各学科10分程度でしたが、短編映画みたいだったり、スライドショーだったり・・・それぞ れの特色が良く出ていて、楽しく観させていただきました。
 我が息子は専攻科ではなく大学へ編入するので、学校に通うのは最後の日でしたが、高専生活最高の思いで作りになったのではないでしょうか。
 私も5年間息子がお世話になった先生方ともお話できてよかったです。
 群馬高専に入学・卒業することが出来て、本当に良かったと息子も私も思っています。

H24年度本科生、並びに専攻科生の卒業式が挙行されました。

3月19日に卒業式が行われました。
前日までの寒さがウソのように暖かく穏やかな日となり、とてもよい雰囲気の中での卒業式となりました。
卒業生の皆さんも開放感からか、とてもよい笑顔を多く見かけました。式自体は形式的な無駄を省き、まとまり感のあるものでした。
結果、ずいぶん短時間の式となり、その後の後援会主催の卒業祝賀会が、時間を繰り上げて開始されました。
祝賀会もメインイベントである思い出写真館が各科特色のある内容で、感動あり、笑いあり、納得ありで、それぞれ好評のうちに閉会となりました。卒業生の皆さんが今日の日の感動を胸に社会人となり、世の為、人の為、そして自分の為に活躍することを願わずには居られない一日でした。
(後援会広報・神津)
卒業祝賀会の様子
| 1/2PAGES | >>
開設挨拶

後援会会則

役員

事業計画

リンク

群馬高専ホームページ

後援会事務局  [ 管理 ]
〒371-8530
群馬県前橋市鳥羽町580
TEL:027-254-9008