平成29年5月13日 1年生保護者懇談会が開催されました

目標としてきた高専に入学して、あっという間に一か月が過ぎました。
学生の生活についての体験談は、とても興味深く、参考になりました。
親として、子供をサポートできることを考えて、一緒に成長していきたいと思います。
これから5年間宜しくお願いいたします。

1M保護者Sさん

平成28年5月14日(土) 1年生保護者懇談会が開催されました

今年も大講義室の席が足りなくなるほど多くの保護者の方が出席されました。
先生方のお話の他に、3名の4年生の学生さんが自分の経験より、学校生活のことや勉強の仕方、部活との両立などを笑いも交え、わかりやすく楽しくお話をしてくださいました。お話をしてくださった学生のみなさん、ありがとうございました。
また、出席された保護者の方から懇談会についての感想をいただきましたので、ご紹介いたします。

春から今までの中学校生活とはまるで違う環境となり、正直、不安を感じることも時々ありましたが、今回たくさんの先生方や先輩方のお話を伺うことができ、少し不安が解消されました。クラス別懇談会では他の保護者の皆様も同じように我が子の心配をなさっていることがわかり、親近感が湧きました。高専は学習や生活など多くの面が学生の自主性に任せられ、どこか面倒見がよくないといった感じの印象が今までありましたが、担任の先生も『5年後には一人も欠けることなく卒業させたい』とおっしゃってくださり、とても心強く感じました。このような機会を設けてくださり、ありがとうございました。

1K保護者 Kさん

2015年5月9日に1年生保護者懇談会が開催されました。

西尾校長先生を始め、各主事の先生方、学生相談室長さんより、群馬高専の特色、目指すところ、高専生活について等、色々なお話がありました。
高専に入学して1ヶ月、1年の保護者の皆様は、不安やわからないことが多いと思いますが、各先生方のお話で、少し不安が解消されたのではないでしょうか。
また今年は4年の学生さんが3名、体験談を話して下さいました。要点は以下の通りです。
留年は心配だが、しっかり授業に出て、普通に勉強していれば大丈夫。
学生同士で勉強する機会が増え、楽しく効率的に勉強できるようになった。
英語は高専の勉強+α自分で勉強を足すと良い。
学生さんの生の声が聞けてとても良かったと思います。お話して下さった学生さんたち、ありがとうございました。

保護者懇談会に参加された保護者の感想が届いております。
2名の保護者の方、感想をありがとうございました。10月〜11月には地区別懇談会で、保護者同士の交流ができる機会を作ります。多くの参加をお待ちしております。

とにかく、出席率がすごいので、ビックリしました。
大講義室は満席でしたし、クラス別懇談会で教室に行ったら、ほとんどの席がうまっていました。
それから、高専というところは、中学校や他の高校とは全く環境が違うのだなと、改めてわかりました。
勉強に限らず、いろいろな知識も能力も伸ばすも伸ばさないも自分の自覚次第、しっ かり目標を持たないと、 着いていけないのだなと不安にもなりました。
今は本人がとても楽しそうに毎日学校へ通っているのが救いです。
                                    

1E Kさん

保護者懇談会は夫婦で出席しました。
高専の様子、先生の考え方に触れられて、有意義な時間だったと思います。
今後、保護者同士が話す形式の会があれば(あるかと思いますが)、より良い機会になると考えます。

1M Tさん

1年生保護者懇談会がありました 平成26年5月10日(土)


1C保護者Nさん
中学2年生の時から目標にしていた高専に入学でき、1カ月が過ぎようとしています。新しい生活のリズムにも慣れて楽しく通学をしている様子です。今回、1年生保護者懇談会の中で校長先生は「入学時の成績と卒業時の成績には相関は無く、1年生の成績が深く関係する。」、学生主事の先生からは「他の高校と違い、校則の少ない自由な校風の中で自己の責任において、目標に向かいキチンとした生活を送ることが人間形成において大切である。」とお話しされていたのが、特に印象に残りました。友人、先輩、先生の助けを借りながら充実した5年間を過ごしてもらいたいと思います。“科学技術立国日本の中心を支える技術者”になるために精進してくれることを願っています。

一年生保護者懇談会感想2

1J学生の保護者 Tさん
憧れの高専に入学してから早1ヶ月が過ぎました。部活動が決まり新しい友達も家に遊びに来るようになりました。生活面に於いては良いスタートが切れたように思います。  先日の1年生懇談会に参加させて頂き、「充実した5年間を送るには、1年生が大切な時期である」という事。 留年の原因やその対策、勉強方法といった貴重な情報も得ることが出来ました。 多くの先生方が自己紹介の際に「何かあったらいつでも相談に来て下さい。」とおっしゃられていたので、とても心強く思いました。 有意義な時間を有難うございました。 


 
1C学生の保護者 Fさん
目標としていた群馬高専に入学することができ、本人・保護者ともに安堵しておりましたが、諸先生方から群馬高専での学生生活や勉強がどのようなものなのかをお聞きし、入学時の安堵から一転、気の引き締まる思いでいっぱいです。 うちの子は、学生寮に入寮しており親の目が届かない状況でありますので、レポートの提出や自主学習など自ら取り組んでいるか特に心配でなりません。
幸いにも寮には下級生の面倒をよく見てくれる先輩方や同学年の仲間が沢山いるので、何かあれば相談し、ともに励まし合い、群馬高専の学生として自らの行動に自覚と責任を持ち、充実した学生生活を送ってほしいと思います。
保護者としましては、5年後に我が子が立派に成長した姿を見せてくれることを期待しながら遠方より見守りたいと思います。 これから5年間、よろしくお願いいたします。

1年生懇談会感想

1M学生の保護者 Kさん
先日の1年生懇談会は、お世話になりました。
 学校からの説明で一番印象に残っていることは やはり 進級規定のことです。 私たち親は、もちろんですが、 我が子にも、しっかり進級規定のことを理解しておいてほしいと思いました 。(後日、その旨を伝えたところ、おぼろげながらもその重要性は理解できているようで、ひと安心といったところです。)
 中学の頃からずっと憧れていた高専に入学できたのだから その気持ちを忘れずに頑張ってほしいと思います 。
 クラス懇談会では、子供の授業の様子や勉強の仕方などを、とても分かり易く教えてくれたので、大変参考になりました。 個人的には クラス懇談会の時間を、もう少し長めに取ってくれると良かったと思いました。

(プラスα) ちなみにわが子は、寮生となりましたが、彼から聞いた寮生活の中に以下の疑問を感じました。教えて頂ければ幸いです。最も、最近は先輩との談話が楽しいとのことで特に心配はしていないのですが…。

[誓犬諒が 遅刻が多いと聞きましたが、朝点呼 があるのに なぜなのでしょう。
⇔世里風呂は 防水の腕時計をして入ると 聞いたのですが 、お風呂に時計は無いのでしょうか。

”広報部から”  《(プラスα)に関しては、この春まで寮生の保護者だった方に聞いてみました。参考にして頂ければ” と思います。》

…点呼の後、うっかり2度寝などをすると誰も起こしてくれません。これが原因のほとんどのようです。
一年生は入浴後に定刻の用務が控えているため、短時間で済ます必要があるようです。そのため、時計は、必需品となるようです。多少、厳しいこともあると思いますが、大変なのは一年生の時だけで、振り返ればメリットの方がはるかに多かったようです。心配な事もあるかと思いますが、優しく見守って頂けたらと思います。

1年生保護者懇談会【質疑応答】

ヾ引きとかで休む場合は?
  • 忌引願いを提出すれば、欠課扱いにならない。(事後でも良い)詳しくは学生便覧
⇒科が好きで入学したが、国語能力はどうか心配、古典など一般教育は
  • 1−2年は一般教育が多い、 3年で半分 4年以降で専門教育が多くなる
  • 一般高校と比べたら、若干少ないのは確かだが、生徒には高専の強み/弱みを認識してもらい、 自分で関心をもって学んでほしい。
  • 保護者にそういう心配があることは認識しました。
  • 本を読む時間も生徒によってバラバラ 図書館だより等で勧めてはいる。
今日、聞いた内容は学生にも説明済なのか?
  • 教務主事からの話は、1年生のガイダンス時説明した。ただし1年生部分のみ
  • 学生主事からのは、段階をおってなので、まだ説明していないところもあるかも
し臉福欠課した場合、学校から連絡があるのか?
  • 数日続いた場合には連絡しているが、原則、連絡しない。ただし、成績表には記載される。
ズG、J科で(1年から2年への進級時)留年が多かった理由は?
  • 原因究明して対応したいと考えている。
  • 専門科目で、クラスに(同じ課が)8名位しかいないので、教えあうことができなかった?
  • ゲームクリエイターなどやりたいことと、授業内容とのギャップがあったのかも。興味をひくよう授業内容を改善していきたい。
専攻科生の進路に「研究生」とあるが具体的にはどうしているのか?
  • 編入学試験への再チャレンジ
  • 毎日、学校にきているわけではない。 自主学習
転学科についての説明をお願いします。
  • 所属学科の成績2/3以上であること、受け入れ学科に余裕があることが必要
  • 1年であれば転学科しても(専門科目は)追いつけるのでは。 (特に補講等はしていない)

1年生保護者懇談会がありました。

日 時    平成25年5月11日(土)午後1時30分より
場 所    大講義室(電子情報科棟2階)
出席者    学校側  校長 教務主事 学生主事 寮務主事 学生相談室長 各組正副担任
会員数  173名

学校からのプレゼンテーション

ー業・学校生活等について   担当 青木教務主事

  • まずは規則正しい生活を 遅刻、欠課、欠席をしないこと。
  • 90分授業で、内容も中学よりは格段に難しい。中学時代の勉強方法が通用しないことも。
  •  
  • 授業を中心とした学習が基本、集中して臨んでほしい。復習、課題を確実にこなすこと。
  • オフィスアワー(この時間には必ず先生が部屋にいます。)の活用を。先生に質問にいくこと。
  • クラス内での学び合い、教え合いの雰囲気が大切。担任の先生との連絡は密にして。
  • 学習支援として、 図書館、相談室、進路支援室、進路指導教員の活用。(TA制度あり)
  • 入試の試験結果と、その後の成績は必ずしも相関はない。今後の積み重ねが重要。
  • 成績の評価方法等については シラバスを確認のこと。
  • 進級規定の説明 (今年度より改定があった)。 理由なく成績が落ちたら要注意。

日常生活等について    担当 大島学生主事

  • 群馬高専では(昔より)基本的に学生の自主性を尊重している。
  • 貴重品の自己管理をしっかりする。 名前を書く。 余計なもの(ゲーム機等)持ってこない。
  • クラブ活動には積極的に参加を。 活動は19時半まで、20時には下校
  • 今年は、工華祭(学園祭)があります。(隔年開催)
  • 自転車通学はステッカー登録要 鍵は2重に。バイク通学は許可制、免許取得は規制なし。
  • アルバイトについては、原則3年生以下は禁止。
  • 通学、学校でのけがは共済の給付があります。(報告書、診断書要)
  • 就学支援金の申請について。

N誓験茲砲弔い董         |甘 木村寮務主事

  • 南寮は耐震補強されていない。 予算がつけば工事期間中閉寮することになる。
  • 夏季休暇の閉・開寮時間について 今年は時間厳守で
  • 挨拶は普通の声でと指導した。
  • 上級生からの一発芸の強要及び23時以降の(上級生からの)指導は禁止しました。
  • 連休中に部屋の確認をした。 1年生はきれい

こ慇諺蠱娘爾砲弔い董      |甘 谷口学生相談室長

  • 悩みを抱え込んだままにさせないことが大切。ほとんどの生徒は家族、友達に相談して解決していくが、そうでない生徒をなんとかしたいと考えている。
  • 心と体の調査を(全生徒に)実施します。
  • 寮生は面談を実施します。
 

1年生保護者懇談会  (H24.5.12)

学校からのプレゼンテーション

.授業・学校生活等について  担当:青木教務主事
1.オフィスアワー(この時間には必ず先生が部屋にいる。)を活用してもらいたい。わからないところはどんどん質問にいくこと。高校にくらべると留年が多いので要注意である。
2.宿題レポートは必ず提出すること。
3.課外授業(TA)について・・成績不振者への支援です。対象者になると連絡がいきます。
4.学生間でお互いに教えあえるクラスは良いクラス。
5.入学時の成績とその後の高専での成績は、連動するとは限らない。1年生でがんばることが大切。本校は全国の高専の中でも高いレベルにあり将来を見据えた教育をしている。
6.高専の学習内容は、中学レベルからいきなりレベルアップする。これまでと同じ学習方法では行き詰るので、早く高専的学習方法を身につけること。
7.転科は可能であるが、本人の強い意志と成績に基づいて判定するので、一般科目も専門科目もしっかり習得してもらいたい。
.日常生活について  担当:太田学生主事
1.生活習慣の改善(カードゲームなどをして遅くまで校内に残っていたりする)
2.貴重品の自己管理をしっかりする。家庭でも気をつけてほしい。
3.自転車のマナーが悪く、近隣住民から苦情が来ている(並走、イヤフォンをしながらなど)
4.万が一の時のためにも自転車保険に加入してほしい。
5.人の自転車を勝手に持っていく学生がいる。防犯のためにも二重に鍵をかけること。
6.ツィッターなどに他人の個人情報を書き込むなどの事例があり、情報モラルに関して家庭でもしっかりと話し合ってほしい。
.寮生活について  担当:田中寮務主事
1.寮での勉強は自分なりのペースをつくることが大切。(ON/OFFのけじめをつける)
2.長期休暇時の閉寮・開寮日を確認しておくこと。
3.夏は節電にご協力をおねがいしたい。
.学生相談室について  担当:大和田学生相談室長
1.学生相談室スタッフは9名。昨年より増員した。(相談室長・相談員3名・カウンセラー3名・インテーカー2名)
2.専門のスタッフがいるので、学生生活を送るなかで困ったことや悩みがある時は気軽に相談にきて欲しい。土日以外は毎日開室中。(学生の家族も対象)
3.KOSEN健康相談室は本人、家族の相談を24時間受付け中。
4.昨年と外注業者が変わったので、電話番号等確認して欲しい。
5.室長の電話番号は教員室直通の番号なので、時間外であっても在室しているときは対応可能。

プレゼンテーションに対する質疑応答

Q1. 高専生は英語能力が低いという噂を聞いているが、実際はどうか?
A1.TOEICの点数は比較的高い。一年生のうちは基礎トレーニングで予習課題も多い。(熊谷先生)
大学受験が無いので受験英語を勉強していないということも噂の理由の一つ(校長先生)
Q2.指定の体操服でなければ体育の授業を受けられないのか?(入学説明で聞いた気がする)
A2.原則として、指定の体操服を着用願いたい。やむをえない事情のある場合は、例外措置もある。体育の教員にも確かめます。(校長先生)
Q3.体系的学習とはどのようなものか?
A3.プロセスを勉強して欲しいということです。(青木先生)
Q4.同窓会の入会案内がもう届いたが、普通、卒業時に配布されるものではないか?
A4.入会率が悪いので、早めに配布したほうが良いと思い、今年度から送っている。(校長先生)
Q5.専攻科生の進路に「研究生」とあるが具体的にはどのような待遇なのか?
A5.進みたい大学院に進めなかった生徒が学費を支払いながら、学校の施設の一部を使って研究している。期間は大体半年〜1年。(青木先生)
Q6.昨年の留年者・退学者数、そのケアを教えてほしい。(1年から2年になれなかった生徒。)
A6.留年2名、退学2名(内1名は夏休み前に退学)。個別の指導はしていないが、TAを呼びかけたり、担任が直接フォローしている。(青木先生)

感想:1M学生の保護者 Uさん

 5月12日(土)大講義室にて一年生保護者懇談会に出席しました。ほとんど母親だけの小・中学校と違って、ご両親揃って参加されている方々が沢山いて、会場はほぼ満席でした。
 4月からの新しい生活がスタートして1ヶ月が過ぎましたが、子供が、学校の様子を家で話すことが少ないので情報が乏しく、少し不安を感じていたところでした。ですが、今回保護者懇談会で学業のこと、学校生活のこと、登下校のことについての詳細な説明に加え、進級、進学や、将来の目標設定などに関する貴重なアドバイスをいただけた事で、とても有意義な機会となりました。
 なかでも、パワーポイントを使っての説明はとても見やすく、高専のシステムがよく解りました。まだ始まったばかりの子供の高専生活だと思っていたのですが、乗り越えるべき課題が次々とやってきて、あっという間に5年間が過ぎてしまいそうな予感がします。厳しいながらも、楽しく充実した五年間を我が子が送れるよう、しっかりバックアップしていこうと思いました。

平成23年度1年生進路説明会 が開催されました。

平成23年度1年生進路説明会
日時 平成23年5月14日(土)午後1時30分より
場所 大講義室(電子情報科棟2階)
出席者 学校側  校長 教務主事 学生主事 寮務主事 学生相談室長 各組正副担任
後援会側 会長 副会長1名 会計理事1名 GL1名 広報理事1名 2年生理事3名
出席会員数  171名(1年生保護者)

山田会長挨拶の挨拶

入学して1カ月半がたち、慣れてきた頃だと思います。新しい生活のリズムや、勉強の方法をみつけて頑張っていってほしい。高専は特別な学校ではない。毎日の授業を大切にして学習を続けていけば心配はない。受身の学生はつまらない。自分から積極的に勉強する学生には群馬高専は楽しい学校です。今日はたくさんの先生方がいらっしゃるのでわからないことをきいていただいてこれからの学校生活に役立てていただければと思います。

竹本校長の挨拶

子どもの成長には学校と家庭の連携、情報交換が大切です。高専は保護者間の情報交換が大変なので今日のような機会を活用していただいて情報交換の場としていただきたい。東日本大震災の関係で本校にも物的被害はあったが、人的被害はなく良かった。しかし年間計画、行事等で一部変更せざるおえない部分があります。
・平成23年度行事・授業計画について(資料1) 夏季休業
・前期定期試験
・1年生オリエンテーション
・3年生研修旅行
・4年生社会見学旅行
・3年生共通試験
・1,2年実力試験
・4年生保護者懇談会が変更
・平成23年3月、学科、専攻科の進学・就職状況について(資料2)
本科生大学進学は151名。内専攻科進学は48名。就職26名。
毎年本科卒業生は20名前後就職をしている。(就職率100%)
景気が厳しい中で就職希望が増加。

教員の紹介・・竹本校長より紹介

1年1組担任(主任) 谷口  正 副担任 小川 侑一
1年2組担任
高橋 徹 副担任 五十嵐 睦夫
1年3組担任 小野 泰央 副担任 牛田 啓太
1年4組担任 リチャード・サンプソン 副担任 大和田 恭子
1年5組担任 伊藤 文彦 副担任 阿部 博

授業・学校生活等について

(1)青木教務主事・・(資料3に沿って説明)

・オフィスアワー(この週のこの時間には必ず先生が部屋にいます。)の活用をしてください。 わからないところはどんどん質問にいくこと。高校にくらべると留年は多いです。
 ・課外授業(TA)について・・成績不振者への支援です。対象者になると連絡がいきます。
・学生間でお互いに教えあえるクラスは良いクラス。
・入学時の成績は関係がない。1年生でがんばることが大切。本校は全国の高専の中でも高い レベルにあり将来を見据えた教育をしている。

(2)太田学生主事・・(資料4に沿って説明)

・遅刻の学生は決まってくる。(パソコンで遊びすぎて次の日に起きられない等の理由もあり)
・貴重品の自己管理をしっかりする。家庭でも気をつけてほしい。
・自転車で車と壁の間を通り抜けて車の扉を傷つける事故があった。
・自転車で後方確認をしっかりしないで車線変更をしている学生がいる。
・人の自転車を勝手に持っていく学生がいる。防犯のためにも二重に鍵をかけること。
 
(3)田中寮務主事・・(資料5に沿って説明)

・寮での勉強は自分なりのペースをつくることが大切。・平成23年4/14内々定決まる子がいました。3年生の時から準備をして早くからの目標設定が大切。基礎力が重要。
 
(4)大和田学生相談室長・・(パンフレットに沿って説明)

・学生相談室スタッフは8名(相談室長・相談員2名・カウンセラー3名・インテーカー2名)
・専門のスタッフがいるので学生生活を送るなかで困ったことや悩みがある時は気軽に相談にきて下さい。学生の家族も対象です。
・KOSEN健康相談室は本人、家族の相談を24時間受け付けている。
 
質疑応答
 
Q1:最寄り駅までのバイク利用は学校の許可が必要か。
A1:最寄り駅までのバイク利用は学校の許可は不要です。ただし、必ず保険に入ってください。自動車保険の特約を利用すると安いです。

Q2:学校からの緊急連絡などはどうしているのか、学校のメールは登録不能になっているようですが。
A2:震災の影響で一時中断中です。今システムを見直しています。対応は各クラス、学科ごとに担任が学生にメールで連絡しています。

Q3:これから家庭でパソコンは必要か。
A3:基本的にはなくても大丈夫です。学校のパソコンは9時まで使えます。

Q4:成績順位について
A4:成績はクラス順位と学科順位ででます。専攻科へは2、3、4年生の時の平均順位が20番以内で推薦が受けられます。

Q5:こどもが体育館でシューズを盗まれました。高専では傘や自転車も人の物でも使ってその辺においておくことがあるときいたが実際はどういう状況か。
A5:基本的には自分の物は自分で管理をしてほしい。ルーズに置きっぱなしにしていてそれを勝手に使っているような状況。担任を通して注意を促すが家庭でもよろしくお願いします。
 
Q6:雨にぬれたカッパはどうしたらいいのか。
A6:基本的には自分のものは自分でもっていたほうがいいが学生の様子をみていると自転車に置いたままの学生、袋に入れて教室に置いている学生などいろいろです。ロッカーにいれてもいいが、ロッカーがせまいので中に教科書などがあると入らないかもしれない。
 
Q7:埼玉から通学。帰りが遅くて心配だが学校は何時まで開いているのか。
A7:8時には教室が閉まる。部活動も8時まで。

Q8:インフルエンザの時は学級閉鎖になるのか。
A8:新型の時は学級閉鎖をしましたが普通は公欠扱いになります。医者に出席停止の用紙があります。

Q9:欠席すると授業が遅れてしまうが大丈夫か。
A9:友達にノートを見せてもらうなど自分で対応して下さい。

『1年生保護者懇談会に出席して』 1E学生保護者Kさん

入学式から1ヶ月余りが過ぎ、子供達もだいぶ高専の生活に慣れつつあります。
そんな中で行われた保護者懇談会。保護者の関心の高さを物語るように、大講義室は、たくさんの人で埋め尽くされました。
校長からは、東日本大震災の影響による授業・行事計画の変更点や進学・就職状況が説明されました。
子供たちの成長のためには、親との連携や、日々の学習が大切とのことでした。
主事からは、授業・学校生活等について詳しく説明がありました。充実した5年間を送るために群馬高専で如何に学ぶかについては、パワーポイントを使った説明で分かり易かったです。
特に1年生では中学校でのイメージをリセットして、高専にあった生活にしていかなければ・・・ということでした。
最近、コミュニケーション不足の子供達が増しつつあると聞きますが、何事にも受身ではなく、積極的になり、充実した日々が送れるように子供と向き合っていけたら良いと思いました。
| 1/1PAGES |
開設挨拶

後援会会則

役員

事業計画

リンク

群馬高専ホームページ

後援会事務局  [ 管理 ]
〒371-8530
群馬県前橋市鳥羽町580
TEL:027-254-9008