群馬高専体育祭 が行われました。

『平成22年度群馬高専体育祭レポート』 3年生保護者 TIさん

平成22年10月19日(火)薄雲り。暑くも寒くもない体育祭日和の秋の日。群馬高専後援会広報グループ体育祭担当の私は、AM9:30頃、群馬高専運動場に到着した。
手には、Canon Power Shot G10。開会式には、間に合わなかったが、これから競技のベストショットを撮るぞと、まずは校長先生に御挨拶。
その後、受付けでプログラムを頂いてフィールドを見ると、2人が背中合わせになり、足を縛って早さを競うカニレースの真最中。カニレースの向こうでは、走高跳び。運動場の端で時々歓声が上がるので目をやると、砲丸投が行われている。競技をする人、準備をする人、カメラ撮影をする人、何となくぶらぶらする人、飲み物を買いに走る人etc…。
てんでばらばらのようなのに、何処かゆるやかに繋がって、ここ一番という時にはちゃんと盛り上がる。プログラムも、粛々と進行して行く。こういうのは、神業とも言うべき、運営の手本じゃないのかしらんと、群馬高専の不思議な底力に感心する。想像していた以上に、面白い競技がたくさんあったが、一番面白かったのは騎馬レース。帽子取りをする騎馬戦ではなく、4人一組で騎馬を組み、騎手が各科の旗を持ってマシラの如く駆ける、戦国絵巻を見るような勇壮なレース。これを見るだけでも、来年も是非来たいと思った。
ひとつだけ残念だったのは、「教職員100m決勝」がなかったこと。来年は、是非拝見したいです。【H22.10.31記】
開設挨拶

後援会会則

役員

事業計画

リンク

群馬高専ホームページ

後援会事務局  [ 管理 ]
〒371-8530
群馬県前橋市鳥羽町580
TEL:027-254-9008