平成22年度芸術鑑賞会 が開催されました。

『平成22年度芸術鑑賞会レポート 戞。苅法。匹気

落語、三味線、和太鼓と、昔から磨かれてきた芸術に触れる事のできた、いい時間を過ごす事ができました。とかく、現代は、コミュニケーションの不足や低下が指摘されています。話す事、伝える事、想像力や表現力の大切さを改めて考えさせられました。


 
『平成22年度芸術鑑賞会レポート◆戞。横法。呂気

『皮』と『木』だけでつくられた非常に単純な『叩くだけ』の楽器『和太鼓』。1つだけでは、ドン!ドン!という、とても単純な音ですが、色々な大きさの和太鼓の音が融合した時の、力強く、スピーディで、リズミカルな音は、とても複雑で、まるで和太鼓が『生きている』かのような感覚になりました。演奏者の『力・技・体・美』が調和し、とても見事の一言でした。感動しました。普段CDやダウンロード音源等のデジタルな音ばかり聞いている子ども達にとっては、このアナログで、和風で、空気も身体も振わせる『生』の音は、さぞかし新鮮に聞こえたのではないでしょうか? 【H22.11.19記】
開設挨拶

後援会会則

役員

事業計画

リンク

群馬高専ホームページ

後援会事務局  [ 管理 ]
〒371-8530
群馬県前橋市鳥羽町580
TEL:027-254-9008