構造デザイン研究会

構造デザイン研究会です。
本研究会は全国高専デザコンの構造デザイン部門で優秀な成績を収めるべく、橋の設計・解析・製作をしています。 今年の大会では、「銅線とハンダを使い、橋長1000从蚤膵發400个離譽ュレーションで別々の高さの2点に荷重をかけ、重さ5kgの砲丸を通す」というルールで耐荷力を競います。大会ではより軽い橋が上位になるため、高さが違う支点とアンバランスな荷重に対して、構造で銅線の弱さをカバーし軽量化する必要があります。そのためにFEM解析を用いて構造解析と接合部の強度計算を行い、モデル作製に取り組みます。
部員一同で協力し、全国での上位入賞を目指します。

S君

開設挨拶

後援会会則

役員

事業計画

リンク

群馬高専ホームページ

後援会事務局  [ 管理 ]
〒371-8530
群馬県前橋市鳥羽町580
TEL:027-254-9008