令和元年11月2・3日第22回工華祭が開催されました

2年ぶりの工華祭に行ってきました。令和最初の工華祭らしい「Re:Make 〜平成を越えて〜」というテーマに、新しい時代を創っていこうというメッセージを感じました。
 第1体育館は、ライブ映像をスクリーンに映したバンド演奏で熱気に包まれていました。第2体育館はロボ研の実演や展示、コスプレカフェなどがあり、ロボコン大会に出場したロボットが物干し竿にシーツを広げて干した時には、会場から拍手が起きました。
また、中庭では理科部の実演販売があり、スマホアプリを活用して小さなプラネタリウムのように星座が見られるVRメガネの体験をしました。
各教室では、クラス・学科・部活動ごとの展示・発表が行われ、E科の光センサーやコンデンサー、トランジスタを使ってLEDを光らせる電子回路づくりを楽しく体験しました。M科の工房では、写真フレームなどを手作りできるコーナーがあり、大人も子供も夢中で制作していました。
 工華祭は学生が楽しむのと同時に、高専の良さや面白さを外部の人にPRする場であると思います。日頃の研究成果の発表とお祭り的な企画のバランスを取りながら質の高い発表となるよう、実行委員会から各発表団体に対して高い要求をしてもいいのではないでしょうか。今回もバラエティに富んだ素晴らしい工華祭でしたが、来場した子どもたちが「群馬高専って楽しい、面白い」と感じて、将来進学先に選んでもらうきっかけになるような群馬高専らしい工華祭を期待したいです。

5年保護者 X
 

「子供達に好評だった学生会による綿あめ屋台」
「大人もハマる!? 専攻科生作ユーフォーキャッチャー」
「銃の設計から制作(3Dプリンター)まで全て3Mの射的」
「比重を変える事で混ざらず2層になるドリンクin専攻科カフェ」
開設挨拶

後援会会則

役員

事業計画

リンク

群馬高専ホームページ

後援会事務局  [ 管理 ]
〒371-8530
群馬県前橋市鳥羽町580
TEL:027-254-9008