平成23年度4年生進路説明会が行われました。

平成23年度4年生進路説明会
日時 平成23年10月22日(土)
場所 大講義室(電子情報工学科棟2階)
出席者 学校側  竹本校長、教務主事、専攻科長、進路支援室長、学生課長
     4年生進路指導教員6名、4年生担任教員4名
後援会員 160名   後援会役員 7名  理事 8名

中里後援会長の挨拶

進路決定にあたり今後の予定を考えると、早い情報収集、早いスタートが必要なので、今日のこれからの話を参考にしてほしい。高専生として進学時の最大のメリットは、編入試験の予定を見てやりくりすれば、国公立大学の編入試験を複数校受けられるので、希望する大学の編入試験も自信を持って受けることができる。

竹本校長の挨拶

就職が厳しいこの時にどういった進路を選ぶのか、学生それぞれが悩んで自分の将来のことをじっくり考えて決めなければいけない。その時保護者がどう関わるのか、人生経験を基にしたアドバイスや親としての希望をきちんと伝えられたらよいのではないかと考える。



青木教務主事の講和

進学・就職のタイムスケジュールをよく確認しておく。進学では、編入試験は1校だけ受験するというかたちはさけ、日程を確認し3校位受験することを薦める。その時に注意することは、出願期間と試験日までの間隔が大学によってかなり違うので、早めに各大学の出願期間と試験日を確認し予定を組んでほしい。また就職は今の厳しい現状を考えると情報の収集など早く活動する方がよいと考える。

樋口専攻科長の講和

専攻科の特徴は、ほとんどの学生が大学院に進学している。しかも上位大学に進学している学生が多い。(上位大学に進学のメリットは充実した実験などができる)お子さんに少しでも、専攻科に興味がある、専門分野で極めたい、などという気持ちがあるなら専攻科をぜひ薦めてほしい。

大学編入決定者の体験談

機Э奮悗鯀んだ理由は、もっと専門的な知識を得るため。大学選びの時、ホームページを活用し編入試験のことや研究室(研究内容や先生のことなど)について調べた。試験は何科目かも重要。(高専ではあまり勉強しない教科が試験科目にある場合もあるので注意が必要)編入試験の英語は難しいので普段から英語を勉強しておく必要がある。4月になり新学期が始まると忙しくなり(5年生の授業も大切)、編入試験勉強の時間が取りにくいのでなるべく3月までにいままでの復習を済ませておくと良い。(1年から今まで勉強したすべてが試験範囲になる)その後過去問題などを解き先生に質問する。

供大学を決めた理由は、4年の春に東大を目指している友達がいて、今からがんばれば東大に行けると聞き自分も東大を目指しがんばってみようと思った。実際に勉強を始めたのは4年の8月位だったが、夏休み中はあまり進まず夏休み明けから友達と勉強するようになりエンジンがかかり始めた。(お互いわからない所は質問し、テンションが下がっている時も刺激になった)大学を決め受験の為に参考にした情報は
\菁擇書いた大学編入受験報告書。
∪萓己に話を聞きにいった。
I活の先輩や、過去に東大を受験した先輩を先生に紹介してもらい連絡をとり直接話を聞いた。
ぜ尊櫃謀貘腓帽圓やる気を出した。(文化祭など)
ゥぅ鵐拭璽優奪箸鰺用した。(東大に編入した人達のホームページなど)

掘大学を決めた理由はその大学は自分のやりたい研究があった。まず受験する大学の受験日を早めに把握し少なくとも半年前には勉強を始めると良い。自分は英語が苦手だったため、4年の秋から英単語や熟語を中心に勉強を始め、専門分野の勉強は3月位から始めた。早くから勉強を始めれば良いというわけではなくいかに効率的に勉強をするかが大切。メリハリをつけて勉強をした。(勉強をする時は集中して勉強する、遊ぶ時はおもいっきり遊ぶ)過去問題も絶対やらなければいけないが、その年によって傾向を変えてくる大学があるので過信してはいけない。勉強する場所は図書館など静かで集中できる場所でやり、家ではほとんど勉強をしなかった。理由としては、親が部屋を開けて声をかけてくるだけでも気が散るので勉強に集中できない。自分は3大学の編入試験を受けたが、試験日の日程が近く1週間おきに3回試験を受けたが、気持ちの余裕が持てず試験当日にうまく出来ない部分があった。

就職内定者の体験談

就職を選んだ理由は高専で学んだ事を社会で生かしてみたいと思い、その会社なら生かせると思った。親との話し合いも大切、親子でよくコミュニケーションをとった方がよい。実際の面接試験については、相手の目を見て聞き取りやすい言葉で話す。マニュアルどおりに行かないことも多く、自分の意見をきちんと言える学生が求められているので、考えさせられる質問もたくさん出される。(先生に相談すると面接の練習をしてくれる)

専攻科より大学院進学決定者の体験談

地元やこの学校が好きだったので低学年からなんとなく専攻科に入りたいという気持ちがあり、進路決定時には同じ研究を同じ先生の下で続けていきたいと思い専攻科に進学することをきめた。専攻科の生活は研究の時間なども増え夜遅くまで残ることもあるが、研究室によっては学会で発表する機会も与えられる。大学院は自分の研究したい事をしている研究室がある大学院を探して決めた。(見学会などを利用すると良い)大学院の受験勉強も応用よりも基礎が大切。 進学先は大学の名前だけではなく、本当にやりたい研究室がある大学を選ぶことを薦める。

質疑応答

Q: 進学だと大学3年に編入するが、大学卒業後就職を考えている人は、まもなく就職活動になってしまい勉強をする時間がない気がするが?
A: 実際に大学に編入し就職を決めた人の話では、3年に編入すると編入生のためのガイダンスがあり、足りない単位をとるのに夏休み前までかかり勉強は大変だが、理系エンジニアリングの就職は遅めで就職活動を始めたのは年明け位だった。本格的に始まるのは4年からだが、しっかり勉強する時間はとれていた。

『4年生進路説明会に出席して』 4年生保護者 青柳早苗

進路説明会やその後の懇談会の話を聞いて正直言ってとても焦りました。 それは今まで具体的な進路の事など考えていなくて、タイムスケジュールを見るともう進路を決定しなくてはいけない時期だと知りました。子供は学生寮に入っていてあまり家に帰って来ないので、どんな方向に行きたいのか、どの大学に行きたいのかもまるっきり話し合っていなかったと初めて気がつきました。出来るだけ早く家でじっくり話さなければいけないと思いました。説明会で話して下さった学生さんの勉強法や情報の集め方などとても参考になりました。さっそく子供に伝えたいと思います。 説明会では、参考になる話など聞けて本当に良かったと思います。ありがとうございました。  [H23.10.23記]
開設挨拶

後援会会則

役員

事業計画

リンク

群馬高専ホームページ

後援会事務局  [ 管理 ]
〒371-8530
群馬県前橋市鳥羽町580
TEL:027-254-9008