令和元年度地区懇談会が開催されました

令和元年9月8日群馬高専専攻科講義棟S103号にて、前橋地区の地区懇談会が開催されました。
後援会会長、役員を含め63名の保護者の参加と、学校からは、山学校長、碓氷教務主事、櫻井校長補佐、大墳J科学科長にお越し頂きました。
昨年度と同様に、先生方からはスライドを使って学校の概況を説明して頂きました。群馬高専が今重点をおいて取り組んでいる事や変化、学校生活、寮生活、専攻科、進路状況等について、丁寧にお話して頂き、とてもわかり易かったです。
後半は各学科別に分かれて、情報交換会が行われました。1年〜専攻科までの保護者と、先生方、役員にも入って頂き、色々な悩みや現状について、話をしたり、アドバイスを頂いたり、励まされたりと、良い時間を過ごせたのではないかと思います。

AP保護者

寮祭を振り返って

令和元年10月12,13日に寮祭が行われました。そのころ台風ハギビスは全国的に被害をもたらしました。群馬高専寮も例外でなく、床下浸水や下水が止まってしまうなど様々なトラブルがありました。その中で寮祭が出来たことは奇跡に近かったです。大雨と強風で、通常であれば外で行われるはずだったアトラクションは中止となり、企画と販売は室内で行いましたが好評でした。
歌合戦では例年よりも多くの人に参加いただき大きな盛り上がりを見せました。PAシステムを私が担当したため拙いところがあったと思いますが、楽しんで頂けて良かったです。
五年生大感謝祭では4年生以下が5年生への感謝の言葉と歌を歌いました。また、事前に校長先生から言葉を賜り会場で流しました。
全体として大きな事故もなく無事に寮祭を終えることが出来、安堵しています。
責任者である私には至らぬ点が多々ありましたが、そんな私を支えてくれた仲間に感謝の気持ちを伝えたいと思います。

寮祭実行委員 A・T

令和元年10月26日 4年生保護者対象進路説明会が開催されました

「光陰矢の如し」あっという間に4年後期、進路を決める時期になりました。
説明会の冒頭、山校長先生からは就職も進学も目標がしっかりしていることが大切。進学する場合もその後の就職を意識して選択すべきとアドバイスがありました。
碓氷教務主事からは、進路選択は「どのように生きていきたいか」がベースであること、選んだ道を失敗したと思わないこと。どこを選んでもその後の努力が大切であることを知っていて欲しい。との言葉があり、心に響きました。
その後「編入学に当たっての心構え」を平井進路支援室長から「専攻科について」を太田専攻科長から説明いただきました。
また、就職と進学が決まった5年生各1名と進学の専攻科2年生1名から体験談を聞かせていただきました。進路が決定するまではピリピリした感じでつらいので、親にはリラックスできるようにして欲しい。子の意見を頭ごなしに否定しないで欲しい。否定されるとやる気がなくなってしまう。といった生の声がとても参考になりました。
全体での会の後は、各学科のクラス担任の先生をはじめ、進学担当、就職担当の先生方から詳細な説明がありました。
今回聞かせていただいたことを参考に、子どもと話をしてサポートして行きたいと思います。
多忙な中、私たちのために時間を作って下さった先生方、先輩学生のみなさま、ありがとうございました。

4E保護者

令和元年度硬式テニス部全国高専体育大会男子団体戦3位入賞

第54回全国高等専門学校体育大会テニス競技が令和元年8月21日〜23日、山口県宇部市中央公園テニスコートで行われました。
男子団体戦はシングルス2、ダブルス1の3ポイントで競います。
1回戦は九州・沖縄地区1位の北九州工業高専に2―1で競り勝ちました。準々決勝は同じ関東信越地区の強豪長野工業高専との対戦です。ダブルスを9―8(タイブレーク7―5)の接戦でもぎ取り1勝1敗としたあと、最後のシングルスを5C望揃が両足を痛めながらも奇跡的な粘りにより8―5で勝利し、準決勝に進出することができました。
準決勝では第1シードの香川高専高松キャンパスと対戦し残念ながら0―2で敗れてしまいましたが、2年連続で団体戦3位に入賞することができました。
団体戦の主力メンバーの多くが来年も残りますので、来年こそは全国大会優勝を実現してくれるものと期待しております。
その他の種目でも、個人戦女子シングルス(地区大会1位)、個人戦男子ダブルス(地区大会2位)で全国大会に出場し健闘ました。
全国大会出場できなかった種目でも、地区大会では個人戦男子シングルスで3位2名、個人戦男子ダブルス3位1組、個人戦女子ダブルス3位1組など全国大会出場まであと1勝のところまで近づいてきており、今後の活躍が期待できます。
後援会の多大なるご理解とご支援、並びに山校長先生をはじめとする学校関係各位、特に傷んだテニスコートの修理等に迅速にご対応していただいている事務部の方々のご協力に深く感謝申し上げます。

テニス部顧問 小川 侑一

令和元年度剣道部全国高専体育大会 男子団体初の3位

私たち群馬高専剣道部は関東大会で6連覇をしてきました。しかし、全国大会では3位入賞を成し遂げたことがまだありませんでした。今回の大会では今までに成し遂げられなかった3位入賞を目標とし、日々稽古してきました。その結果、群馬高専初の3位入賞を果たすことが出来ました。
時には辛いこともあり、全てが上手くいってきたわけではありませんでした。しかし、先輩や先生方に支えられてここまでくることが出来ました。3位に入賞した時はとても嬉しく、全員で喜びを分かち合いました。そして、全国大会3位になれたのは、今まで剣道部を支え、歴史を作ってくださった先輩方の力があってこそだと思います。このような結果を残せたことを本当に誇らしく思います。これからもこの剣道部を途絶えさせずに、歴史を作って欲しいと思っています。
最後に、この仲間たちと剣道が出来て本当によかったです。最高の思い出になりました。

剣道部 石井裕樹

<< | 2/64PAGES | >>
開設挨拶

後援会会則

役員

事業計画

リンク

群馬高専ホームページ

後援会事務局  [ 管理 ]
〒371-8530
群馬県前橋市鳥羽町580
TEL:027-254-9008