バレーボール部

私たちバレーボール部は週3日、月、木、金曜日に第2体育館で練習しています。メンバーは男子が約19名で女子は6名の約25名で活動しています。女子の人数がギリギリなので、見学にでも来てくれるとありがたいです。活動内容はパス練習、サーブ練習、試合形式のゲームなど様々です。毎年開催される夏の高専大会に向けて日々楽しく活動しています。
今年度の夏に開催された高専大会の結果は、男子は3位、女子は2位という成果を残すことができました。男子、女子が共に入賞する事は私が入部してからは初めての事だったのでとても嬉しかったです。
これまで支えてくださった先生や保護者の方々、ありがとうございました。

サッカー部


 

今年度は高専地区大会が群馬県で開催され,藤岡市の烏川スポーツ広場で行われました.4年生が中心となって1回戦は11対0で産技荒川に勝利し,全国大会出場をかけた小山高専戦では一進一退の攻防でしたが,終了間際に得点を許し,0対1で惜敗しました.3位決定戦でも0対2で木更津高専に負け,4位という成績でした.昨年度の3位から何とか順位を上げたかったものの,紙一重の差でした. 新チームは,3K吉田昂平君が部長となり日々練習を行っていますが,人数が少なくなってしまい,練習も満足にできません.即レギュラーも狙えますので,ぜひ,興味のある人は入部をお願いします.

硬式野球部を紹介します。

三年生が抜け、新チームとなって初めて挑んだ秋季大会では、初戦の長野原・下仁田連合戦にコールド勝ちしたものの、2回戦の健大高崎戦ではコールド負けという悔しい結果となりました。
私たち選手一同は、この悔しい気持ちを胸に刻み込むと共に、この秋季大会や練習試合で得た反省を生かし、冬の練習を乗り越え、春・夏と勝てるようにこれからも一生懸命練習していきたいと思います。
秋季大会

夏の全国大会優勝

剣道部を紹介をします。

剣道部は今年度の産業技術高専荒川キャンパスで行われた関東地区春季剣道大会において優勝をしました
これは平成22年度、23年度に続き三連覇です。
 今年度は上級生の部員が少なく、1,2年生が主力のチームであったにもかかわらず、毎年のように決勝戦で優勝争いをする小山高専に勝つことができました。茨城高専で行われた夏の高専地区大会の団体戦では予選リーグを1位通過し3位に入賞しましたが、全国大会に出場することはあと一歩のところでできませんでした。この悔しさを糧にして来年は春季大会を優勝し4連覇を果たせるように、また全国大会に出場できるように顧問の先生方の御指導の下日々練習に励んでいます。

陸上部を紹介します。

我々陸上部は、週5日グラウンドで練習しています。メンバーは20名前後で、毎年夏に開催される高専大会の他、定期的に開催される記録会に参加しています。
高専に入ってから陸上を始めた部員も多く、みんなで相談しながら練習しています。また、走るだけでなく、フリスビーやサッカーなどのスポーツも時々しています。
今年度行われた高専大会では、各々が記録を伸ばすだけでなく、全国大会出場者を出すこともできました。

卓球部を紹介します。

卓球部の活動日は月曜日・火曜日・木曜日・土曜日です。場所は第一体育館の半面を使って活動しています。練習内容はストレッチ、サーブ練習、基本練習、試合形式の練習です。練習時間は:30〜19:00迄です。
 今年の高専大会の結果は、団体は茨城高専に負け2回戦敗退、ダブルスで1組入賞しました。シングルスは2・3回戦で全員敗退でした。最近の大会の結果は、高崎市民大会で高校男子シングルスの部で優勝、準優勝しました。
 他にも大会に出ていますが、大会に出られる回数は少ないです。みんな仲良く、楽しくやっています。

コンクリート・カヌー部を紹介します。

私たちコンクリートカヌー愛好会は、四月〜五月にかけて設計、六月〜八月に製作を行い、その後八月末の大会に向けて練習をするというスケジュールで活動をしています。
今年の大会では、三年生を中心としたチームと二年生を中心としたチームの計2チーム、二艇のカヌーで出場しました。3年生チームは準決勝敗退、二年生チームは予選敗退という結果に終わりました。しかし両チームとも3分を切るタイムを出しました。これは、2,3年前では難しいことであったのでカヌー製作と漕ぎ手のどちらの技術も向上したことを実感しました。来年は決勝進出を目指して頑張りたいと思います。
 

サッカー部を紹介します。

(主顧問:M科 黒瀬雅詞)
今年から主顧問に戻りました。今年度の高専地区大会は東京の代々木公園で行われ、久々に3位入賞しました。平成16年の2位を最後に実に6年ぶりの入賞となりました。学生主体で活動してきていますが、1回戦を5−0で産技高専品川キャンパスに勝利しました。(初戦勝利も6年ぶり。)5K神山君がコーチのように頑張って指導し、4M山田君が部長としてチームをまとめ上げてくれたことによる全員での勝利でした。
 部員は選手31名マネージャー6名です。来年度の高専地区大会は群馬開催なので、高専大会後の新チームでは3C神山陽大君が部長となり頑張っています。秋からは群馬大学の方にコーチをお願いし、技術力UPにも努めています。全国大会出場に向けて全部員一丸となって、日々練習に励んでいます。

野球部が全国高専体育大会で見事優勝を飾りました。

 去る8月18日〜19日、第47回全国高等専門学校体育大会・野球競技が山口県周南市野球場などで行われ、本校野球部が6年ぶり2度目の優勝を飾りました。
 関東信越地区代表の本校は、
一回戦で、  宇部高専(中国地区代表)に 6 - 1
準決勝では、 旭川高専(北海道地区代表)に 21 - 9
と順当に勝ち進み、
決勝戦では、 秋田高専(東北地区代表) 5 - 3 と競り勝ち、栄冠を手にしました。
試合は、2点を先制される厳しい展開ながら、持ち味の打力で勇躍、逆転し、まさにもぎ取ったという感じのすばらしい勝ちっぷりでした。(詳細は、下記)
 後日、上毛新聞社に優勝の報告に伺った様子が翌日の紙面を大きく飾りました。
 A会場:周南市野球場 第2日 第二試合(A:➁) 決勝13:00〜
123456789
秋田0020000013
群馬00020003×5

陸上競技部 地区大会

陸上競技部 N.Nさん

今年の地区大会は、7月16,17日に東京都江東区夢の島競技場で行われました。オープン種目含め、男女合計で、延べ36の選手(チーム)をエントリーしました。
結果は、男女ともに総合4位でした。個人成績は、8位以内入賞者が延べ18人とリレーで2チーム、そのうち全国大会出場者が4人でした。
昨年、一昨年と成績がふるわず、全国出場もなかった陸上部としては、喜ばしい結果ではありますが、それよりも今回は、全国までもう一歩だった選手、今年で引退となる部員の非常に悔しい表情のほうが印象的でした。好成績を喜びつつも、共に練習してきた仲間と出来るだけ大人数で全国出場を果たしたかったという気持ちがあり、大会後はなにか複雑な雰囲気だったことを覚えています。
しかし、このように感じられるのは、部員同士が仲間として好敵手として、さまざまな面で協力しあい刺激しあい真剣に陸上競技に打ち込んだからだと思います。今シーズンの活動を通して評価すべき点、改善すべき点が多くありました。部に残った部員は、来年の更なる好成績、晴れ渡った笑顔のため、先輩たちの想いも背負い、いっそう努力していきます。ぜひこれからも応援よろしくお願いします。【H23.9.26記】
<< | 2/3PAGES | >>
開設挨拶

後援会会則

役員

事業計画

リンク

群馬高専ホームページ

後援会事務局  [ 管理 ]
〒371-8530
群馬県前橋市鳥羽町580
TEL:027-254-9008